『スポーツ』とは

日本国内では「運動・体育」と捉えられるが本来のスポーツ(英:sport)の意味は「楽しむ・競技」という意味があり、欧米ではチェスやビリヤードも「スポーツ」として認知されている。

「スポーツ」は、2つの方向性があり、仲間つくりや家族のふれあいをすすめ、技術の習得に重きをおかず、生涯を通して楽しんでプレイする『レクリエーション・スポーツ』と技術の習得や、体と心の鍛錬を行い、戦略を考え抜き、技術力の向上を目指し、タイトルを競う『チャンピオンシップ・スポーツ』に分けることができる。

『eスポーツとは』

「eスポーツ(e-sports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。

eスポーツの歴史

1980年代
コンピューターゲームが誕生。数多くの大会が開催される
1990年代
日本で格闘ゲームがブームに
欧米ではPGL、CPL等プレイヤーのプロ化が始まる
インターネットの普及によってゲームのスポーツ化が加速
2000年
「eスポーツ」という単語が使われ始め、産声を上げる
10月 WCGC(World Cyber Games Challenge )開催
2003年
1月 ESWC(Electronic Sports World Cup)がフランスで開催
11月 中国国家体育総局がeスポーツを99番目の正式体育種目に指定
2004年
ロシア政府が後援したRussian Cup開催
2006年
12月 OCA主催第2回アジア室内競技大会で、eスポーツが正式種目として採用決定
2007年
6月 日本eスポーツ協会設立準備委員会発足
10月 第2回アジア室内競技大会がマカオにて開催
12月 eスポーツ日韓戦開催
2011年
11月 第1回eスポーツJAPAN CUP 開催
2013年
4月 Japan Competitive Gaming(JCG) 設立
2014年
1月「e-sports SQUARE AKIHABARA」開店
10月「League of Legends World Championship」ソウルワールドカップスタジアムで開催
2015年
4月 一般社団法人 日本eスポーツ協会(JeSPA)設立